Call: 0123456789 | Email: info@example.com

作り置きごはんと豆苗


節約生活をしていた時、私は外食を控えて自炊をするだけでなくお菓子を手作りしたり、お茶を必ず前日までに水筒に用意していました。ご飯やお菓子やお茶を作り置きしておくと、スケジュール通りに食べなければ食材をダメにしてしまうため、自然と外食が少なくなりました。また、飽きないように作る料理の種類を増やしていったため、料理作りとお菓子作りについては趣味になり、楽しく節約生活を送ることができました。コツは保存用の袋に日にちを書いて入れておくことと、冷蔵庫に今日食べるものを決めておくことです。

週1回でだいたい5日から7日分のご飯やお菓子を作り置きするため、台所に立つのが少なくて済みますし、光熱費の節約にもなりました。また、豆苗を買うようになりました。節約といえばもやしを想像しがちですが、豆苗も節約生活向けの野菜です。なぜなら、豆苗は1パック90円程ですが、根元にまだ発芽していない種が残っているため、1回食べた後もう1度育てて食べることができます。育ちきるまでには2週間ほどかかりますが、見るたびに私は節約生活をしているという意識を持つことができたため、お勧めします。ちなみに、食べるのは2回までにした方がいいです。味が落ちる感じがしました。

アーカイブ